特定 ACT

【FF14】【ACT】バフ・シナジーを使っているのか特定する方法(使った先も特定可能)

 

戦闘時、バフやシナジーを使っているのか、リキャスト毎に無駄なく使っているのかを特定し、確認する方法を解説します。

この記事でわかること

・戦闘中に特定のバフやシナジーを使っているのかを特定する
・無駄なく使用しているかを特定する
・占星術師が誰にカードを投げていたのかを特定する

 

確認方法

バフ

例:ナイトが「インターベンション」(PTメンバー1人のダメージを10%軽減)を使い、MTのフォローをしているのかを特定

戦闘後のMainタブのログで確認できます。

Main タブの戦闘結果でキャラクターの「+」をクリックし、Buff/Debuff(Out)の項目を確認します。

確認したいスキルの「Swings」の項目を確認してください。

この数値がスキルを使った回数となります。この場合全体で4回なのでもっと使ってもいいですね。

 

シナジー

例:竜騎士のドラゴンサイトがリキャスト毎に的確に使用されているかを特定する。

先程同様に、 Main タブの戦闘結果でキャラクターの「+」をクリックし、Buff/Debuff(Out)の項目を確認します。

さらに「+」をクリックしすると、そのジョブのシナジースキルが表示されるので「竜の左眼」をクリックします(ドラゴンサイトではなくバフ名であることに注意)

ここで「Time」の項目を確認します。

これは、戦闘経過時間ではなく、リアルタイムであることに注意しましょう。

戦闘開始時(幻シヴァ戦)に1回目(23:58:21)を使い、履行技後に2回目を使用しています(0:01:40)。その後は2:00毎には、おおむね使っていることがわかります。

数秒ずれているので、忍者のだまし討ちにはずれている可能性がありますが、戦闘内で使える最大回数はリキャストを無駄にせず使用できてると言えるでしょう。

 

おまけ

バフの対象先の確認方法を紹介します。

例:占星術師のカードを誰にまいていたのかをログを見て確認することが出来ます。

先程同様に、Buff/Debuff(Out)の項目のスキル名(ここではカード名)をクリックします。

表示された項目で「Victim」という項目が、バフの対象を表しています。

 

 

 

このようにACTでは、戦闘中に行われたスキルにおいて、その使用回数やタイミングなどが全てわかるようになっています。

固定やPT内で「こいつ、このスキル使ってるか?」と疑問に思うことがあれば特定し、アドバイスの参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

-特定, ACT

Copyright© 【FF14】ACTFactry , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.